2012年4月17日

中国マグネ価格急騰 需給ひっ迫

 世界供給の80%を占める中国のマグネシウム市場が急騰に転じている。マグネ新地金の対日オファー価格(CFR、MJP)は、トン3200―3250ドルで、直近3週間に120―150ドル上昇した。需給ひっ迫が主な値上げ要因。

 精錬メーカーの在庫が払底する中、中国国内の需要家がパニックに陥り買いに走っている。加えて採算の厳しい山西省の工場が生産を停止する一方、主産地の陝西省では、供給能力が追いつかず注文に対応しきれていない。

おすすめ記事(一部広告含む)