2012年8月27日

英アングロとコデルコ、銅鉱山権益係争で和解

 チリの銅鉱山運営会社の株式購入権をめぐり、英資源メジャーのアングロ・アメリカン(アングロ)とチリ銅公社(コデルコ)が係争していた問題で、両社は23日、和解に達したと発表した。

 鉱山会社の株式は現在、アングロと三菱商事が保有しているが、和解内容に基づき一部をコデルコと三井物産が新設する合弁会社に譲渡。合弁会社は29・5%の株式を取得することになる。またコデルコと三井物産は包括的戦略提携を結んだことも併せて発表した。共同で国際展開を含めた新規ビジネスの構築を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)