2013年2月25日

福電、大径押出機を更新 効率が大幅向上

補償導線メーカーの福電(本社=大阪市中央区、秋田修作社長)は今夏、柏原工場(兵庫県丹波市)において大径シース(外被)用の押出機を導入する。老朽化に伴う更新で、投資額は約1億円。多品種・小ロットニーズに引き続き対応するため、生産効率と品質保証力の向上を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)