2014年5月28日

日本伸銅、コネクター線めっき能力増強

日本伸銅は電子材料のコネクター用黄銅線のめっき能力を増強する。工程の前後にある素線の送り出しと巻き取り装置を自動化し、生産効率をアップさせる。今秋には1ラインで試験的に採用し、成果を見ながら残りのラインにも順次適用していく。コネクター用めっき線の生産能力は現状の月35トン程度から、月45トン以上への引き上げを目指す。投資額は約1億円。

おすすめ記事(一部広告含む)