2013年5月30日

アルミ総需要、12年度微減 389万トン

日本アルミニウム協会が27日発表した2012年度のアルミ地金・一時加工品需要は前年度比0・4%減の388万9693トンで、2年続けて前年度を割り込んだ。需要の減速感が指摘されていた自動車分野で改善が見られたほか、食料品分野も底堅かったが、電解コンデンサー向けの箔地や印刷板などが低調だった。建築分野も実需は堅調だったが、タイ洪水の影響で一部サッシメーカーが国内生産を増やした11年からの反動減が生じた。
おすすめ記事(一部広告含む)