2013年7月23日

伸銅品生産、銅管低迷目立ち3・6%減

日本伸銅協会が22日発表した6月の伸銅品生産速報によると、総生産量は前年同月比3・6%減の6万6440トンだった。自動車関連需要が好調で、輸出向けも復調しているものの、前年度上期のペースを上回る水準にまでは、まだ戻らなかった。エアコン向け需要期に入った銅管の低迷も目立つ。

おすすめ記事(一部広告含む)