2013年8月8日

住友電工、車部門が収益けん引 営業益の50%超に

住友電気工業は、自動車部門が収益のけん引役を果たしていく。同社の新中期経営計画「17VISION」では、2017年度に営業利益ポートフォリオで「自動車」を50%と設定。これに対し直近の13年4―6月期自動車部門の営業利益は、全体の50%超に達した。設備投資に関しても、今期(14年3月期)は自動車が過半を占めて積極的な取り組みを推進するなど、強みであるこの部門を中核に、さらなる事業強化を図っていく。

おすすめ記事(一部広告含む)