2013年9月12日

神戸製鋼、車アルミ部品 年1200万本

神戸製鋼所は10日、自動車用アルミ鍛造サスペンション部品のグローバル生産能力を、2015年3月期に現状比約16%増の年産約1200万本に拡大すると発表した。世界的な需要拡大の動きに対応するため。13年4月に中国で生産能力の増強を実施したほか、米国でも14年をめどに主要設備を増設する。15年度をめどに各拠点でフル生産となる見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)