2013年10月25日

伸銅品、年度上期生産39万トン

日本伸銅協会が23日発表した2013年度上期(4―9月期)の伸銅品生産量は、前年同期比0・5%減の39万555トンだった。昨秋からの需要低迷の影響を6月あたりまで引きずり、協会が本年度の目標としてきた年間80万トンペースにはわずかに届かず。半期ベースでの40万トン割れは、11年度下期から4期連続となった。主要品種では銅管の落ち込みが目立った。

おすすめ記事(一部広告含む)