2014年4月24日

礎電線、経常益率5%超目指す

独立系の巻線メーカー、礎電線(本社・工場=埼玉県吉川市、田中友則社長)は、今期(2015年3月期)業績で経常利益率5%以上を目指す方針。中細物の特殊品、銅線以外の導体へのエナメル焼き付けなど、ニッチな需要を補足。多様化する顧客ニーズにきめ細かく対応することで、規模を追わず収益力の強化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)