2020年2月5日

礎電線 耐熱エナメルCNT線開発

 礎電線(本社=埼玉県吉川市、田中友則社長)や信州大学工学部が参画するコンソーシアム「ナノカーボン研究会」は、耐熱エナメルカーボンナノチューブ(CNT)線を開発した。CNT線は銅やアルミより軽いという特長を持つ。今後、耐熱エナメルCNT線を使ったセンサーなどで実用化を進めていく。

おすすめ記事(一部広告含む)