2014年8月6日

三菱樹脂、アルミナ繊維生産増強

三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂(本社=東京都千代田区、姥貝卓美社長)は5日、自動車の排ガス処理装置の部品などに使われるアルミナ繊維の生産能力を8%増やすと発表した。香川県の拠点にラインを増設し、2015年4月の竣工を目指す。投資額は公表していないが約20億円とみられる。排ガス規制の高まりを受けた需要増加に対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)