2014年8月18日

アルミ地金、世界需給6.1万トン不足 14年住商予測

住友商事の軽金属事業部地金チームがこのほど発表した、「アルミ地金2014年上半期回顧と展望」によると、14年の世界アルミ需給は、6万1000トンの供給不足に陥る見通しだ。需要は前年比6・1%増の5076万4000トンで変わらないが、供給は生産者による減産の影響から4・7%増の5070万4000トンにとどまり、1月時点から0・8%下方修正した。アルミはこれまで供給過剰が続いており、前回予測では31万2000トンの供給過多だった。
おすすめ記事(一部広告含む)