2014年10月29日

伸銅品生産 9月7万トン、15カ月増

日本伸銅協会が28日発表した9月の伸銅品生産速報によると、総生産量は前年同月比4・7%増の6万9830トンとなり、15カ月連続で前年実績を上回った。ただ、銅条や銅管が堅調だった一方、黄銅棒や青銅板条では減少傾向の兆しがうかがえ、品種により動向が分かれた。増税の影響などにより、伸銅品全般の増加基調が転換点を迎えていることをうかがわせる。
おすすめ記事(一部広告含む)