2014年12月18日

住友金属鉱山 リチウム基板、生産能力世界首位に

住友金属鉱山は18日、スマートフォンなどに使われる表面弾性波(SAW)フィルター向けのタンタル酸リチウムおよびニオブ酸リチウムウエハーの生産設備を増強すると発表した。生産能力を現在の月産12万枚(4インチウエハー換算)から世界首位となる21万枚まで引き上げる。投資額は35億円で、2014年12月に工事を開始し、16年9月の完成を予定する。
おすすめ記事(一部広告含む)