2015年4月20日

サンエツ金属、連続鋳造機2ラインを取得

黄銅棒最大手のサンエツ金属はこのほど、事業停止した銅合金メーカー、西濃金属(本社=岐阜県本巣市)から連続鋳造機2ラインを取得した。フル操業で月間600トンの製造能力があり、金型鋳造用の鉛レス黄銅インゴットの製造などに使用する。黄銅棒製造拠点の砺波工場(富山県)内にある旧プレシジョン工場に設備を順次移設し、下期には本格稼働させたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)