2015年4月8日

サンエツ金属、精密部品生産の国内移管完了

サンエツ金属はプレシジョン工場(富山県砺波市)で生産する精密部品について、3ライン目の自動化ラインが4月中に量産稼働を開始する見通し。安定受注が見込める品種の生産ライン無人化に取り組んでおり、すでに1ライン目と2ライン目の自動化ラインは稼働している。現在設置中の3ライン目が本格稼働することで、中国の旧連結子会社である大連三越精密部件工業で生産していた精密部品の国内への生産移管が完了する。

おすすめ記事(一部広告含む)