2015年4月21日

銅電線、14年度出荷0.9%増加

 日本電線工業会は20日、国内電線メーカー約130社の2014年度銅電線出荷量が、速報値で対前年度比0・9%増の72万3757トン(銅量)になったと発表した。前年実績を上回るのは5年連続。同工業会がまとめた14年度見込みは72万2100トンだったが、小幅に上回った。建設・電線販売業部門がけん引したほか、電力各社の投資がやや持ち直して電力部門が増加に転じ、わずかながらプラス成長を維持。輸出の急増も全体の出荷量を下支えした。

おすすめ記事(一部広告含む)