2015年9月30日

アルミ割増金、対日一部90ドルで決着

 10―12月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉は、前四半期より約10%安い、「トン90ドル」(国内需要家)で一部決着した。下落は3四半期連続。別の国内需要家も、「今日にも90ドル台で決めたい」と話す。生産者側は約1・1%高い110ドル前後を提示してきていたが、欧米プレミアムの下落や国内在庫が高水準にあるため、対日プレミアムで100ドル台を維持するだけの強材料を欠いた。一部では80ドル台での交渉がまだ続いているという。

おすすめ記事(一部広告含む)