2015年10月13日

米アルコア、純利益7-9月期70%減 川上分野の不振影響

 米アルコアが8日発表した2015年7―9月期決算は純利益が前年同期比70%減の4400万ドル(約52億円)だった。売上高も55億7300万ドルと前年を11%下回った。アルミ市場価格の低下や製錬工場の閉鎖など、川上分野の不振が収益を押し下げた。航空機や自動車向けなどの軽圧品需要は堅調に伸びたが、ドル高で米国以外での売上高が目減りしたこともあり、川上の落ち込みを補い切れなかった。

おすすめ記事(一部広告含む)