2015年10月15日

三池製錬、前処理能力10%増強

 三井金属の100%出資子会社、三池製錬(福岡県)は製鋼煙灰、溶融飛灰などの前処理能力を約10%増強する。三池製錬ではこれら原料をリサイクル処理し、亜鉛製錬の中間原料となる粗酸化亜鉛などを製造する。中核設備の三井式亜鉛半熔鉱炉(MF炉)に投入する前段階の工程を増強し、ボトルネックを解消する。投資額約10億円で、2016年3月期中の完工見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)