2015年10月21日

TPP チタン輸入関税 米国、15年目撤廃

 経済産業省は20日、環太平洋経済連携協定(TPP)における工業製品の大筋合意内容を公表した。日米豪など参加12カ国が非鉄金属の素材・製品にかけている関税は大部分が協定発効後に即時撤廃される。ただ、米国はチタン製品やアルミ箔の輸入関税を即時撤廃せず、5―15年かけて段階的になくす。日本も銅、亜鉛、鉛、ニッケルの地金や中間原料の一部については11年かけて撤廃する。

おすすめ記事(一部広告含む)