2015年10月23日

台・瑞大鴻、4N錫インゴット生産へ 来年 新工場の建設検討

 台湾で錫のリサイクルを手掛ける、瑞大鴻科技材料股份有限公司(本社=桃園縣龍潭郷、陳癸元総経理)は、金属品位99・99%(フォーナイン)の錫インゴットの生産を目指す。その実現に向け、需要動向次第だが2016年竣工を目標に新工場の建設を検討している。また、16年3月にはインジウムと金の精錬設備の導入も計画しているほか、原料集荷のグローバル化を加速させる考え。これにより金属リサイクルのバリエーションを広げ、ユーザーニーズに即応可能な体制の構築を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)