2016年1月8日

LME相場、リスク回避で軟調

 ロンドン金属取引所(LME)の非鉄金属相場は、世界的なリスク回避の動きを受け、年明けから軟調に推移している。為替市場で比較的安全な資産とみられる円を買い戻す動きが強まったことも加わり、国内銅建値は2011年10月以来4年3カ月ぶりとなるトン60万円割れを記録した。非鉄金属の最大消費国である中国で株価が急落したことや、サウジアラビアとイランの国交断絶など中東の地政学的リスクが、金融市場で警戒されている。
おすすめ記事(一部広告含む)