2016年2月16日

昭和電工、マレーシアの車用鋳造品 欧米に拡販 早期黒字化へ

 昭和電工はマレーシアで生産する自動車部品向けアルミ鋳造品の販路を拡大する。従来東南アジア諸国連合(ASEAN)内としていた販売地域を広げ、今後は北米や欧州での販売も目指す。マレーシア拠点設立の決定後に円安が進展し、ASEAN域内に進出した日系自動車メーカーに販売するという当初想定したビジネスモデルを維持するのが難しい状況にある。一方で品質面では日本の拠点と同水準に到達していることから、ASEAN以外の地域に販売し、早期黒字化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)