2016年3月11日

藤井製作所、低鉛リン青銅棒開発

 リン青銅、洋白棒メーカーの藤井製作所(本社=東京都江戸川区、藤井隆社長)はこのほど、鉛の含有量を半分以下に抑えた低鉛快削リン青銅棒を開発した。従来の快削棒は鉛を4%弱含むが、有害物質を規制する欧州RoHS指令などで今後規制値が厳格化されれば輸出向け製品に使えなくなる可能性がある。低鉛快削棒は切削加工性を維持しながら鉛を2%未満に抑え、規制強化に対応する材料として需要が広がるとみている。
おすすめ記事(一部広告含む)