2016年10月27日

ダイヘン、銅合金3D造形技術確立 世界初、汎用機で実証

 ダイヘンは26日、大阪府立産業技術総合研究所と共同で、金属用3Dプリンターによる銅合金の積層造形技術を世界で初めて確立したと発表した。銅はレーザー反射率が高く溶融が難しいとされていたが、微量のクロムなどを添加して、汎用機で造形できる加工プロセスを開発。このほど特許を取得し、複雑形状のヒートシンクや銅鋳物の試作品などへの適用を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)