2016年12月22日

17年アルミ需給 初の6000万トン台で均衡 丸紅見通し

 丸紅が21日発表した「アルミニウム需給バランス・市況見通し」によれば、2017年は39万5000トンの供給過剰に転じる見込みだ。ただ、需要と供給がともに初の6000万トン台に乗せそうな中、過剰分はバランスの範ちゅうとみている。ロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場はトン1650―1800ドルが中心値と、17年も緩やかな上昇を予想した。交渉が大詰めを迎えている1―3月期の新地金対日プレミアム(割増金)については、トン95ドルに近い水準で決まりそう、との見方を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)