2020年12月8日

アルミ需給 21年供給過剰続く

 丸紅が7日発表した「アルミニウム需給バランス・市況見通し」によれば、2021年も世界的な供給過剰が続く見通し。ただ、過剰幅は181万9000トンと、20年から138万トン縮小する。需要は引き続き底堅く推移するとともに、新型コロナウイルスの影響がなかった19年を上回るとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)