2017年2月2日

経産省・環境省、廃蓄電池輸出規制を強化 承認後でも停止可能に

 経済産業省と環境省は先月23日に、廃バッテリーの輸出に関して、すでに輸出承認がなされた案件でも不適正処理が疑われる場合は輸出を停止できる措置を行った。昨年韓国で廃バッテリーの不適正処理があった事実を踏まえ、バーゼル法の改正に先駆けて対応した。

おすすめ記事(一部広告含む)