2017年3月2日

VVF・被覆銅管、値上げ未達に警戒感

 3月に入り、電線メーカーや被覆銅管メーカーの製品値上げ活動が本格化する一方、大手電設資材商社やメーカーの展示即売会シーズンにも入るため、価格転嫁の未達に対する警戒が強まっている。値上げと安値玉が出回りやすい時期が重なり、銅価高止まりの中で販価適正化が頭打ちとなるおそれがあるため、関係者は展示会での売り腰を注意深く見守っている。

おすすめ記事(一部広告含む)