2017年3月9日

アルミ新地金対日プレミアム、4-6月135ドル提示

 4―6月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉が始まった。生産者側は「トン125ドル、135ドル」(商社)を提示してきたという。前四半期より約32―42%高い。北米市場のプレミアムが上昇したことで、通常であればアジアに向けられる玉が同地域に流れるなど、需給が引き締まったことが影響しているもよう。一方、需要家側には、今後の需給動向を見極めたい意向もある。交渉は長期化する可能性もありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)