2017年3月23日

17年度伸銅品需要、3年ぶり80万トン回復へ

 日本伸銅協会は22日、2017年度の伸銅品需要(生産量)が80万トンになりそうだと発表した。16年度見込みからは1・2%増加する予想。80万トン台を回復すれば14年度以来3年ぶりとなる。16年度に大幅改善した銅条や黄銅棒、青銅板条をはじめ、多くの品種で17年度も需要が堅調さを維持するとみている。

おすすめ記事(一部広告含む)