2014年9月24日

国内伸銅品需要、81万トンに予想上方修正

日本伸銅協会は22日、2014年度の伸銅品需要(国内生産量)見通しを期初予想より9300トン多い81万トンに上方修正したと発表した。前年度実績比では1・9%増える。主要品種の銅条や黄銅棒がここまで予想を上回るペースで推移しており、目先も底堅そうだとの見方を示した。一方、中期見通しは銅管が減少していくことなどを織り込み、18年度に80万1600トンと厳しくみている。

おすすめ記事(一部広告含む)