2017年4月14日

JX金属、伸銅品販売3600トン計画

 JX金属は、今期(2018年3月期)の伸銅品販売量を月平均3600トンと計画している。前期(17年3月期)実績の3500トンから100トン上積みする。伸銅品生産拠点の倉見工場(神奈川県)は目下フル生産が継続しており、上期は増産が難しい状況。下期は増設中の仕上げ圧延機が稼働する予定だが、足元抱えている繰り延べの受注残が解消されるまでには少なくとも年内を要するとみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)