2017年10月10日

PPC、下期銅生産計画2.2%増の27万トン

 国内産銅首位のパンパシフィック・カッパー(PPC)は6日、2017年10月―18年3月期の銅生産計画を前年同期比2・2%増の27万4400トンと発表した。佐賀関製錬所(大分県)と日立精銅工場(茨城県)の合計が6・3%減の17万4800トン、日比共同製錬玉野製錬所(岡山県)のPPC委託分が21・5%増の9万9600トン。佐賀関で大定修を実施中だが、玉野で前年同期に定修と設備トラブルがあったため、反動増のほうが勝つ形となる。

おすすめ記事(一部広告含む)