2019年7月31日

銅地金需給 19年8.9万トン不足予測

 国内産銅首位のパンパシフィック・カッパー(PPC)は、2019暦年の世界銅地金需給を8万9000トンの供給不足、20年を3万8000トンの供給不足と足元で予測する。世界経済の停滞懸念を主因に、従来予測から各不足幅を約10万トン狭めた。しかし年2400万トン前後の世界需要に対して、若干の不足バランスは依然続くとみる。17年から4年連続の供給不足見通しになる。

おすすめ記事(一部広告含む)