2017年11月13日

三菱マテリアル 低α線の錫系はんだ量産

 三菱マテリアルは13日、半導体素子の動作に悪影響を与えるアルファ線放出量を従来品に比べて約50%低減した世界最高レベルの錫系はんだ材料を開発し、10月から量産を開始したと発表した。新材料を用いためっき液、はんだペースト、アノード(電極)といった新製品を新たにラインアップする。半導体の信頼性向上に大きく寄与する材料として期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)