2017年12月5日

東洋アルミ、蒲原に連鋳機新設

 東洋アルミニウム(大阪市中央区、山本博社長)は5日、蒲原製造所(静岡市清水区)に連続鋳造機を新設すると発表した。高強度箔といった新製品の開発が目的で、来年8月の稼働を目指す。投資額は、建屋や付帯設備などを含めて9億円。投資による今期業績への影響は軽微とし、連続鋳造機の導入がグループ全体の中長期的な成長戦略に寄与すると見込んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)