2018年1月12日

三井住友伸銅、値戻しの対象拡大 銅条・板など

 大手伸銅メーカーの三井住友金属鉱山伸銅(本社=埼玉県上尾市、神林浩一社長)は、主力の黄銅条で昨秋から取り組んできた加工賃(ロールマージン)の値戻しについて、対象範囲を銅条や板にも広げる。品種やサイズごとに採算状況を確認した上で、価格が陥没している取引について販売先に加工賃の是正を要請する。黄銅条ではすでに顧客の了承を取り付け始めており、年度内には値戻しを一巡させたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)