2018年5月21日

大阪チタ チタン合金粉、年産100トンで19年度稼働 

 大阪チタニウムテクノロジーズは、チタン合金粉末「TILOP」の専用工場新設について具体的な検討段階に入った。生産能力は年間約100トンとし、2019年度前半の稼働開始を目指す。尼崎工場(兵庫県)の敷地内に設置し、投資額は数億円から数十億円規模となる見通し。3Dプリンターなどの積層造形市場の拡大に対応し、20年度に10億円程度の売り上げを見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)