2018年5月24日

昭和電線HD、次期社長に長谷川氏

 昭和電線ホールディングスは23日、中島文明社長が退任し、後任に長谷川隆代取締役(58)が社長に昇格すると発表した。同社で女性社長が誕生するのは、今回が初めて。正式には、6月26日に開催予定の定時株主総会後の取締役会において決定する。また、今回は新たに実質的な筆頭株主である中国の富通集団有限公司の董事で、高科橋光導科技股份有限公司執行董事兼董事長の胡国強氏が社外取締役に就任する。富通集団から同社の取締役を選任するのも、今回が初。昭和電線HDでは、前中期経営計画が前倒しで目標達成し、新たな中計がスタートしたことなどを受け、新規事業の立ち上げや中国の合弁パートナーとの関係強化を含む海外事業の新展開、および成長戦略を推進するため、新役員体制を整備することにした。

●はにんべんに分

おすすめ記事(一部広告含む)