2017年11月6日

昭和電線HD、鉄道分野を強化

 昭和電線ホールディングスは、鉄道分野の取り組みを強化する。雷対策の商材として、高周波電流に適するリッツ線を接地線用に適用した「接地システム」を昭和電線ケーブルシステム、鉄道総合技術研究所(鉄道総研)、JR西日本の3社で共同開発。来年度から売り上げに貢献する見通しで、JR西日本を手始めに、JR各社への採用を働きかける。

おすすめ記事(一部広告含む)