2018年9月27日

アルミ圧延品 8月生産6.6%減

 日本アルミニウム協会が26日発表した8月のアルミ圧延品生産量(板・押出合計)は前年同月比6・6%減の14万5078トンだった。出荷は6・1%減の14万8695トンで、生産・出荷ともに8カ月連続で前年実績を割り込んだ。板の主要分野である缶材でマイナスが継続した。押出も建設やトラック架装需要の落ち込みを反映して低調だった。

おすすめ記事(一部広告含む)