2013年12月9日

アルミ圧延品 稼働率改善、85・2%

日本アルミニウム協会がこのほど発表した10月のアルミ圧延メーカーの稼働率(板・押出合計)は前年同月比3・8ポイント上昇の85・2%で、4カ月連続で前年実績を上回った。9月に引き続いて自動車向けの出荷が伸びた。エコカー補助金の終了に伴う反動減がなくなったことが背景にある。押出は建設向けの需要増も稼働率を押し上げた。

おすすめ記事(一部広告含む)