2018年11月21日

住友鉱山 次期中計、来年2月公表

 住友金属鉱山の野崎明社長は20日の経営説明会で、次期中期経営計画「18中計」(2019―21年度)を2月中旬に公表予定と表明した。21年度めどの現長期ビジョンを基本的に変えず、ニッケルや電池材料を柱とする従来の成長戦略に沿う考えを示した。資源事業、製錬事業に比べて市場や技術の変化が速い材料事業については、「潮流に乗り遅れない、押し流されない」(野崎社長)ように、情報収集・分析力を鍛えたいと話した。

おすすめ記事(一部広告含む)