2018年12月12日

昭和電工、3年累計で営業益4800億円

 昭和電工は11日、2019年から21年までの新3カ年中期経営計画「The TOP2021」を発表し、3カ年累計で売上高3兆4000億円、営業利益4800億円、営業利益率14・1%、当期純利益3300億円に引き上げる方針だ。このうちアルミニウムセグメントに関して、3カ年累計で売上高3630億円、営業利益180億円を目指す。また設備投資については、成長・改善投資合計で3カ年2500億円を計画。M&A枠の1500億円を合わせた総投資額は4000億円と設定し、D/Eレシオは21年12月末に0・5倍程度、総還元性向30%程度を実現していく。

おすすめ記事(一部広告含む)