2019年2月8日

東邦亜鉛、豪鉱山で減損損失

 東邦亜鉛は8日、豪州のエンデバー亜鉛・鉛鉱山に係る減損損失31億円を2018年10―12月期に計上すると発表した。19年1―3月期以降も減損損失が続く見込み。同鉱山の可採鉱量を増やすため既存鉱体の深部を探査・開発中だが、その過程で既存鉱体の19年度採掘計画を変更した。深部開発で追加の設備投資も生じ、将来の見積もりキャッシュフローが大幅に減じた。

おすすめ記事(一部広告含む)