2019年4月4日

矢崎総業、ミャンマーに生産拠点

 矢崎総業は、タイの現地法人がミャンマーに自動車用ワイヤハーネスの生産拠点を新たに開設することを明らかにした。日系の大手ハーネスメーカーが同国に製造拠点を構えるのは今回が初めて。稼働開始は本年12月になる予定。現地従業員数は500人体制でスタートする。生産したハーネスはミャンマーから輸出する計画。矢崎総業では、ASEAN(東南アジア諸国連合)地域における一段の競争力向上を目指し、同エリアにおける需要の増大などに対応する。
おすすめ記事(一部広告含む)