2019年10月4日

GSアライアンス 準全固体LiBを試作

環境、エネルギー分野の最先端材料の研究開発と製造販売を手掛けるGSアライアンス(本社=兵庫県川西市、森良平社長)は3日、酸化物系固体電解質とイオン液体系電解質を用いた不燃性の準全固体型リチウムイオン電池(LiB)を試作したと発表した。試作品の電池容量はまだ低いが、安全性に優れるLiBのニーズは今後高まるとみられ、さらなる電池容量向上に向け研究開発を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)